宇治市で注文住宅を建築するのにおすすめの工務店・ハウスメーカーを口コミ評判を合わせ厳選して紹介しています。

城陽市周辺でおすすめの注文住宅メーカー3選

公開日:2022/01/15


京都から五里、奈良から五里の距離に位置することから「五里のふるさと」と呼ばれた城陽市。「城陽市で注文住宅を建てたいけど、どんな注文住宅メーカーがあるのだろう」といった疑問を持つ方に向けて、この記事では城陽市の注文住宅メーカーを3つ厳選して、それぞれのメーカーの強みや特徴をご紹介します。

R+house京都宇治(ライフ不動産)

R+house京都宇治
グランライフ株式会社
住所:京都府宇治市広野町西裏9番地7
TEL:0774-46-1122

R+house京都宇治は、飽きのこない普遍的なデザインの住宅を、手の届くコストで提供しています。夏は涼しく、冬は暖かく、丈夫な住宅を実現するために「高断熱・高気密・高耐震」を追求しています。

唯一無二の住宅を手の届くコストで提供

R+house京都宇治では、アトリエデザイナーといわれる全国で幅広く活躍する感性・経験豊かな建築家とともに、住宅を作り上げます。綿密なヒアリングをおこない、お客様のライフスタイルや価値観、生活にフィットした唯一無二の家づくりが魅力です。一般的に注文住宅と聞くと、高額な印象があると思います。R+house京都宇治では建て方に無駄を省き、一定のルールを設けることで、高いコストパフォーマンスを実現しています。

隙間面積は名刺約1枚分

高性能な住宅でも屋根や壁面には隙間があり、室内と屋外の空気が出入りしてしまいます。気密性が高い住宅とは、その隙間をできるだけ無くし、空気の出入りを減らすことを指します。R+house京都宇治は、隙間面積が日本の一般住宅と比べると1/5以下の高気密住宅です。また、断熱とは、外の空気による影響をなくし、室内の温度を快適に保つことをいいます。R+house京都宇治は断熱性を示す数値が、日本の断熱化基準である「省エネ基準」を大きく上回っています。

さらに、熱交換換気システムに「澄家Eco」というシステムを採用しています。熱交換換気システムの役割は、外の暖かい空気を冷たい空気に交換すること。「澄家Eco」は業界トップクラスの機種であり、人の健康や省エネにも配慮されたシステムです。

2つのポイントで地震に強い住宅を実現

構造専門の建築士が厳密なチェックを行います。建物が家具や設備等を加えた重さに耐えられるかの確認や、台風などの強い風や、地震による強い揺れにより、倒壊や崩壊しない事など、6つの角度から行います。

また、建物がどのくらい地震に耐えられるかの指標の耐久等級は、最高の3を取得しています。R+house京都宇治では、独自のパネルによる工法を用いています。独自のパネルによる工法では、面全体で力を支えるので力が分散し、横からの強い力にも耐えることができます。

平和住宅建設

平和建設住宅
平和建設住宅
住所:〒611-0033 宇治市大久保町北ノ山65-3高木ビル1F・2F

平和建設住宅は、今年で創業45年目を迎え、新築住宅の建築1500棟以上、リフォーム施工実績4000件以上の実績と信頼のある、地域密着型の企業です。

地域密着型かつ3度にわたる厳しいチェック体制

地域密着型のメリットは、その地域情報に詳しいことです。土地情報やその地域の気候、過去の災害など細かい特徴や情報を網羅しています。平和住宅建設は、昭和52年の創業から、積み重ねてきた実績と信頼があります。創業依頼、入念かつ厳しいチェック体制を続けてきました。住宅のお引渡し前に、まず建築に関わった施工業者がチェックを行います。

次に、現場監督を含む工務部によるチェックを行い、最後に社長自らが時間をかけてチェックを行います。些細な傷や少しのミスも見逃さない厳しいチェック体制が整っています。

次世代高性能住宅「パラディス」

「パラディス」とは平和住宅建設オリジナルブランドの高気密、高断熱の住宅です。「パラディス」は熱と空気を効率的にコントロールすることで、高気密、高断熱を実現しています。その一つに高気密壁面工法を採用しています。従来の断熱は、住宅の内側か外側のどちらか一方のみに施していましたが、パラディスは両側に断熱を施しています。

さらに外壁と外断熱材の間に、より気密性を高めるシートを追加することで、空気の出入りを減らし快適に暮らすことができます。「パラディス」の新バージョン、「パラディス ウィズ」の販売も開始されています。

耐震住宅工法「テクノストラクチャー」

「テクノストラクチャー」とは、パナソニックが独自に開発した耐震住宅工法です。平和住宅建設では「テクノストラクチャー」を採用した住宅づくりを提案します。「テクノストラクチャー」は耐震性を高めるために、部材自体の強度にこだわります。一般的な梁は木製ですが、木と鉄を組み合わせた梁を採用することで、建物全体の強度が高くなっているのです。また、構造計算という建物の安全性を検討、確認する計算を1棟1棟に実施することで、地震に強い住宅を実現します。

アトリエ・クラッセ

アトリエ・クラッセ
クラッセ住宅販売株式会社 アトリエ・クラッセ 一級建築士事務所 宇治橋スタジオ
住所:〒611-0021 京都府宇治市宇治乙方63 cozy宇治橋1F
TEL:0774-25-5333

アトリエ・クラッセでは、一級建築士とともに住宅を作ることができます。一級建築士と直接お話ができ、何でも相談できることが特徴です。

3人以上のチーム設計

3人以上の設計士により、住宅の設計プランをご提案していただけます。メイン担当の設計士に加え、他の設計士も土地を見にいくことから携わります。3人以上の設計士によるチーム設計により、様々な視点からアイデアを出し合い、お客様により最適なプランを提案することを可能にしています。

最強の断熱材の使用

断熱材には、業界最強といわれる「セルロースファイバー」を使用することで、高気密、高断熱住宅を実現しています。「セルロースファイバー」のメリットは、断熱性、調湿性(結露やカビを抑える)、防音性、防虫性、耐火性など、至る部分で他の断熱材に比べ優れています。一方、デメリットは断熱材自体の価格や施工費が高く、コストパフォーマンスが悪いことです。しかし、アトリエ・クラッセではクライアントの希望や予算に合わせた提案が可能です。

地震に負けない家づくり

耐震等級は最高の3を取得しています。耐久等級は1から3の数字で表され、耐久等級1は建築基準法で定められた最低限の耐震性を満たしていることを示します。耐久等級3は、耐久等級1の1.5倍の地震力に耐えられる強度です。消防署や警察署などの災害時の救護活動の拠点となる建物の基準にもなっています。

 

今回は京都市城陽市でおすすめの注文住宅メーカーを3つ厳選してご紹介しました。性能、耐震性に関しては、どのメーカーも高品質な住宅を提供しています。一方、メーカーの強みや特徴は、それぞれに違った魅力があります。重視したいことを整理し、ポイントを絞って比較してみてください。またモデルハウス見学や、資料請求してみるのもおすすめです。良い家はメーカー選びからです。

宇治市の注文住宅おすすめ業者5選!

イメージ
会社名R+house京都宇治
(グランライフ株式会社)
KJホームクラフト
(株式会社京都住宅建設)
一条工務店京都建物アトリエクラッセ
特徴オリジナル性の高いマイホームを低コストで実現!ヘーベルパワーボードで性能&サポートも充実!
多方面の受賞歴を持つ大手ハウスメーカー!
地域密着で自社一貫のオーダーメイド住宅を提供!
一級建築士と話しあって取り組む本気の家づくり!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
エリア別おすすめ注文住宅業者