宇治市で注文住宅を建築するのにおすすめの工務店・ハウスメーカーを口コミ評判を合わせ厳選して紹介しています。

家のイメージがガラリと変わる!注文住宅で人気の外観デザインとは?

公開日:2021/10/15


注文住宅を建てる際は、外観デザインにもこだわると家のイメージを大きく変えられます。この記事では、注文住宅で人気のデザインやデザインを決める際のポイントを解説しています。注文住宅を建てる際の注意点もまとめているので、注文住宅の外観デザインを考えているという方は、ぜひ参考にしてください。

注文住宅で人気の外観デザインとは?

家の外観デザインは、印象を決めるうえでとても大切な要素です。そのため、注文住宅を建てる際は、外観デザインにこだわるといいでしょう。人気の外観デザインを紹介していくので、参考にしてください。

シンプルモダン

シンプルモダンは、近年の新築デザインの主流です。モノトーンを中心とした配色であり、凸凹がなく直線的でスッキリとしたデザインが多いです。シンプルモダンにすることで、都会風な印象を与えることやシャープで格好いい雰囲気を作れます。また、ほかの家と被りにくいデザインにすることやコストを抑えられる点もメリットでしょう。

ナチュラル

ナチュラルは、シンプルで暖かみのある木目が特徴的なデザインです。ベージュやシロなど、明るい色を配色することで、家が柔らかい雰囲気になります。異素材感を出したいという方にも、ナチュラルは人気があります。

和モダン

和モダンは、日本らしい和風の要素と現代的なスタイリッシュな雰囲気を合わせたデザインです。和風を取り入れているため、二世帯住宅の外観として人気があります。また、落ち着いた雰囲気にしたいという場合や和の雰囲気を楽しみたいという方にもおすすめです。

南欧風

南欧風は、外壁にアイボリーやホワイト、ベージュなどのストーン柄やライト柄を使いながら、スパニッシュやオレンジなど特徴的な色で南欧テイストに仕上げるデザインです。外観デザインだけではなく、アイアンの格子や木製ドアなど、外構もおしゃれに仕上げたいという方におすすめです。

アメリカン

アメリカンは、ハンドメイド感がある、田舎風の雰囲気をおしゃれに楽しめるデザインです。カラーの主流は、イエロー系やグリーン系の外観にブラウンやダークグレーなど、ストレート屋根を設けた横ストライプや鎧張りのデザインが基本です。そのほか、ドーマや煙突などをつけて楽しめます。

邸宅風

邸宅風は、重圧感のあるダイナミックなデザインが特徴的です。タイルや石で重圧感を出すことで、人目を引くような豪華さをもたせられます。また、邸宅風なデザインは、斬新なデザインにできるため、他と被らないデザインの家を建てたいという方におすすめです。

エレガント

エレガントは、高級感のある上品な雰囲気を感じられるデザインです。明るい色を貴重とするため、家全体を華やかに見せられます。洗練されたデザインの家を建てたいという方におすすめです。

注文住宅の外観デザインを決める際のポイント

注文住宅の外観のデザインを決める際は、まず好みの形やメインカラーを決める必要があります。次に壁の素材や屋根の形を決めていき、最後に窓の配置と位置を決めていきます。具体的にどのように注文住宅の外観を決めていくのか細かく紹介します。

好みの形を決める

家の外観は、形によって印象が大きく変わります。そのため、まずは形を決める必要があるでしょう。一般的な形状にしたいという方は、四角型がおすすめです。一版的な形状ではなく、個性的な印象を与えたという場合は、L字型やコ字型がいいでしょう。そのほか、2階が1階よりもせり出ている総平屋建は、生活導線をシンプルにできる形状です。

メインカラーを決める

家の形を決められたら、メインカラーを1~2色選んでいきましょう。メインカラーを決める際は、ブラック系やベージュ系、グレー系を中心に決めていきます。コーディネイトをキレイにまとめる際のポイントは、同系色でアクセントをすることです。

壁の素材を決める

イメージに合った外観を作るためにも、外壁の素材選びは重要です。外壁の素材では、サイディングや外壁タイル、塗り壁の3つが代表的な素材になります。初期費用を抑えながら、デザインの幅を広げたいという方は、セラミックや金属などを使用したサイディングがおすすめです。

次に外壁タイルですが、石や粘土を高温で焼き固めたものを使用しているので、重圧感や高級感を出したいいう方におすすめです。塗り壁は防火や耐水性などに優れた、左官職人さんが手仕事で塗り上げてくれる壁のことをいいます。豊富なデザインや演出がしたいという方は、塗り壁がおすすめでしょう。

屋根の形を決める

屋根の印象を変えるだけでも、外観の印象は大きく変わります。また、屋根は遮熱や遮断、防音性などさまざまな役目を果たしています。そのため、デザインだけではなく、機能的特徴も考えながら検討するようにしましょう。

窓を取り付ける位置や部屋を決める

注文住宅では、どの部屋にどのような窓を取り付けるのかを決める必要があります。見栄えを重視する方が多いですが、窓をたくさん取り付けてしまうと、家具の配置に制限が掛かってしまいます。そのため、窓の取り付けを考える際は、レイアウトを想定しながら考えることが大切です。

また、新築でよく採用される窓は10種類ほどあり、それぞれメリットやデメリットがあります。たとえばすべり出し窓の場合は、サッシの気密性が高いというメリットはありますが、室内側にカーテンを設置しづらいというデメリットがあります。窓のデザインだけで選ぶのではなく、メリットとデメリットも考慮しながら決めるようにしましょう。

注文住宅の外観デザインを決める上で注意するべき点

注文住宅で外観のデザインを決める際は、できるだけ大きなカラーサンプルで確認することが重要です。晴れの日や日陰、外壁の凸凹などでも色合いは変わってしまうため、可能であれば、実際の家で色をチェックしておくといいでしょう。

また、外観が機能性やデザイン性だけで決めるのではなく、将来のメンテナンスのことも考える必要があります。あまりにも外観をこだわりすぎると、メンテナンス費用が想像以上の値段になってしまうため、注意しましょう。

 

外観のデザインは、家の印象を決めるうえでとても重要です。そのため、注文住宅を建てる際は、事前にどのようなデザインがあるのか調べておくようにしましょう。また、デザイン性だけではなく、外観を決める際は、機能性も考慮する必要があります。わからないことがある場合は、打ち合わせの際に積極的に質問するようにしましょう。

宇治市の注文住宅おすすめ業者5選!

イメージ
会社名R+house京都宇治
(ライフ不動産)
KJホームクラフト
(株式会社京都住宅建設)
一条工務店京都建物アトリエクラッセ
特徴オリジナル性の高いマイホームを低コストで実現!ヘーベルパワーボードで性能&サポートも充実!
多方面の受賞歴を持つ大手ハウスメーカー!
地域密着で自社一貫のオーダーメイド住宅を提供!
一級建築士と話しあって取り組む本気の家づくり!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧