宇治市で注文住宅を建築するのにおすすめの工務店・ハウスメーカーを口コミ評判を合わせ厳選して紹介しています。

家の顔になる重要なスペース!注文住宅の玄関を造る際のポイントとは?

公開日:2022/03/15


玄関はプライベートと外界とを分けて、住人を見送り出迎える場所であるのみでなく、来訪者が最初に目にする場所として、家の印象を決定づけるスポットでもあります。ずばり、玄関の間取りやデザインにこだわることは、単に家の出入り口を快適にする以上の意味合いがあるといえます。ここでは、玄関につき新築時に注意するべき点をいくつかご紹介します。

注文住宅の玄関は後々不満が出てきやすい

玄関の位置は、方角や道路との接し方等によって決まってしまうことも多く、その間取りや使い勝手については、十分に検討できないままになってしまうこともあります。一日に何度も使い、外から見える機会が一番多い玄関ですから、使いやすい空間を保ちたいですよね。ここでは、実際の新築の玄関で発生した失敗の例を対策方法とあわせて、ご紹介します。

収納不足

靴やその手入れ用品、掃除用具など、玄関に置かれるアイテムはさまざまなため、乱雑になってしまうこともあります。これでは見た目が悪いばかりでなく、使い勝手も悪くなってしまいます。このような場合、シューズクロークを設置することが有効です。

シューズクロークとは、玄関横の大きな収納スペースになります。これを設置することで、靴以外にもさまざまなものを収納することが可能になります。たとえば、かさばってしまうスポーツ用品、子供のおもちゃや部活の道具なども、そのまま収納することができます。

狭い

そもそも、玄関に十分なスペースを割くことが困難な場合もあると思います。また下駄箱を設置した結果、どことなく圧迫感が出てしまうこともあります。このような場合は、間取りを工夫してみましょう。吹き抜けにして天井を高くしたり、高い位置に窓を設けたりすることで、開放感が感じられ、空間を広く見せることができます。ホワイトやベージュといった明るい色合いを採用することでも、同じ効果を得ることができます

湿気と臭い

玄関には沢山の靴を収納しますから、とくに梅雨時や夏場は、湿気や臭いがこもりがちです。そこで、換気性能の良い窓や玄関ドアを選びましょう。いわゆる上げ下げ窓は、風が通りやすく換気に適しています。また、鍵を閉めたまま自然換気が可能な窓や玄関ドアもあります。

タイルの汚れが目立つ

玄関の床タイルは、埃や泥といった汚れが溜まりやすく、タイルの色によっては汚れが目立つこともあります。明るい色のタイルでは、どうしても泥汚れが目立ちやすくなります。こまめな掃除が難しい場合には、濃い色合いのタイルを選ぶとよいでしょう。グレーは砂ぼこりが、ブラウンは泥汚れが目立ちづらくなります。

照明スイッチ

外から家に帰ってきて、荷物で両手がふさがってしまっている、という経験をしたこともある方は多いのではないでしょうか。とくに夜は、照明のスイッチを探すのにも一苦労ですよね。そこで、照明には人の動きを検知して自動で点灯、消灯を行う人勧センサー搭載の照明がおすすめです。点灯時に安心で、さらに消灯忘れを防ぐこともできます。

注文住宅の玄関ドアを選ぶ際に意識するべきポイント

間取りやデザインに大きく影響を与える玄関ドアについても、選び方のポイントをチェックしておきましょう。

開き勝手

一般住宅で使われる玄関ドアの開き勝手は、まず開き戸と引き戸に分けられます。それぞれがいくつかのタイプに分類でき、全部で5種類あります。

①片開き
押したり引いたりする、一番シンプルなタイプのドア。

②親子開き
片開きタイプに子扉を組み合わせたタイプ。大きな荷物を出し入れする場合に便利です。

③両開き
片開きタイプのドアを二枚並べて設置するもので、左右どちらからでも出入りが可能。豪華な雰囲気になります。

④片引き
一枚のドアを左右に動かす方式のドア。見た目がシンプルな点が特徴です。

⑤引き違い
片引きを二枚重ねた方式。二枚あるドアのどちらからの出入りも可能です。

開き勝手によって玄関の使い勝手も変わってきます。使い方や好みに応じて、最も合うものを選びましょう。

採光

採光窓を備えているタイプの玄関ドアもあります。ただの一枚ドアよりもデザイン性が高く、豪華な印象のものも多く、室内の明るさ確保に役立ちます。一方、外から中が見えやすくなってしまうこともあり、防犯面で不安が残るという場合もあります。

断熱性

意外と見落としがちですが、玄関ドアの断熱性によって家の温度が変わる場合があります。たとえば、熱伝導率の高いアルミ製のドアを設置するとします。温暖な地域では夏場は非常に暑くなりますし、寒冷な地域では冬場は非常に寒くなってしまいます。日当たりの良し悪しによっても同様です。住所の気候等から、断熱性も加味して考慮しましょう。

注文住宅の玄関は外観デザインにもこだわろう!

玄関はまさに「家の顔」と言うべきスペース。外観デザインによってその家の印象はガラッと変わります。パターンを知ってイメージを深めていきましょう。

庇や屋根をつける

屋根や庇をつけると、雨や日光が直接玄関に当たるのを防ぐことができます。出入りの際には非常に便利ですし、変色やひび割れといった玄関自体の劣化を防ぐこともできます。間取りによっては、2階のバルコニーを庇代わりにすることもできますね。

ポストやインターホンの位置

ポストやインターホンの設置場所も、玄関の使い勝手に影響します。インターホンを玄関ドアの隣につけるか、門柱を立ててそちらに設置するかによって、来訪者のインターホンの見つけやすさは変わります。ポストについても同様です。1つのアイデアとしては、デザイン門柱を設置し、そこに表札やポスト、インターホンをまとめるという方法もあります。住宅のデザインに合うものを見つけてみてくださいね。

 

家の顔になる重要なスペースでありながら、いざ住んでみると意外と不満が見つかる玄関。ここでご紹介したさまざまなアイデアを参考に、事前に不満点になるポイントを回避し、おしゃれで使い勝手の良い玄関を目指しましょう。

宇治市の注文住宅おすすめ業者5選!

イメージ
会社名R+house京都宇治
(グランライフ株式会社)
KJホームクラフト
(株式会社京都住宅建設)
一条工務店京都建物アトリエクラッセ
特徴オリジナル性の高いマイホームを低コストで実現!ヘーベルパワーボードで性能&サポートも充実!
多方面の受賞歴を持つ大手ハウスメーカー!
地域密着で自社一貫のオーダーメイド住宅を提供!
一級建築士と話しあって取り組む本気の家づくり!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧
エリア別おすすめ注文住宅業者