宇治市で注文住宅を建築するのにおすすめの工務店・ハウスメーカーを口コミ評判を合わせ厳選して紹介しています。

注文住宅の耐震性についてまるごと解説!地震に強い家を建てるポイント

公開日:2021/02/15


日本は「地震大国」と呼ばれるほど地震の多い国、注文住宅を建てる際も地震に強い家を建てなければと思うのではないでしょうか。大きな地震が起こるたび、傾いたり倒壊している住宅がニュースで流れますから、不安もあります。そこで注目したいのが耐震性、耐震等級ということで、今回はこれらについて詳しく解説していきます。

耐震等級とは?

耐震等級とは、建物がどのくらい地震に強いのか、その強さを表す等級です。その等級は1~3の3段階あり、数字が多くなるほど建物の耐震性能が強くなります。これら3つの等級について詳しく見ていきましょう。

■耐震等級1

建築基準法で定められた、最低限の耐震性能を持っている建物が耐震等級1です。一般の住宅なら、これよりも耐震性能が低ければ危険だという目安にもなります。震度6強から7の大きな地震が起こっても、すぐには倒壊しないというレベルですが、その後に建て替えや大規模な修繕が必要になる可能性があります。

■耐震等級2

耐震等級2は、耐震等級1の1.25倍の耐震性能を持つ建物です。震度6強から7の大きな地震が起こってもすぐには倒壊しないのはもちろん、その後の建て替えや大規模な修繕の必要はなく、一定の補修をすれば住み続けることができるレベルです。一般の住宅よりも高い耐震性能が必要な、学校や病院、避難所などがこの耐震等級2以上で建てられます。

■耐震等級3

耐震等級3は、耐震等級1の1.5倍の耐震性能を持つ建物です。3つの等級の中では、最も強く頑丈な建物ということになります。震度6強から7の大きな地震が起こっても、軽い補修をすれば住み続けられるレベルです。災害復興の拠点となる施設、消防署や警察署などに耐震等級3が多いです。

耐震と免振はなにが違う?

耐震性能の「耐震」の他に、似たような「免震」という言葉を見たり聞いたりしたことはありませんか?

免震構造も耐震構造と同様に、地震に備えるために建物に施される構造ですが、似たような言葉でも性質は異なります。それぞれの性質について、詳しく解説していきましょう。

■耐震性能とは?

耐震性能は、字の通り地震に耐える性質です。強い地震で激しい揺れが起きた場合でも、住宅が倒壊しないような高い強度を持つことができます。耐震性能の構造は、地震が起こっても住宅は倒壊せず、住んでいる人が無事に避難することができる、これを前提にしています。一方で、倒壊させないための構造なので、建物が直接衝撃を受けてしまい、倒壊はしなくても地震の揺れにより受けたダメージはそのまま残ってしまうという特徴があります。このような構造は揺れも大きいため、住宅にヒビが入ったり家具が倒れて破損するなどの被害を受ける可能性があります。

■免震性能とは?

免震性能とは、地震の揺れを軽減させる性質です。建物自体やその土台を固定しないことで、地震による地面の揺れが建物に伝わるのを抑えるという、「免震装置」を取り付けます。免震装置は地盤と建物を切り離すため、地震が起こってもその揺れを受け流すことができ、建物には揺れが伝わらないようにすることができます。そのため、建物の損壊を防ぐだけでなく、家具の転倒・破損も防ぐことができます。

耐震性の高い家を建てるときのポイント

すでに建てられた住宅を購入するのではなく、これから建てる注文住宅なら、自分が納得できるような耐震性の高い家にすることが可能でしょう。地震が起きても心強い、耐震性の高い家を新築するときの、押さえておくべきポイントについて説明します。

■事前に地盤調査を行う

いくら建物が頑丈で耐震性能が高くても、建てる場所の地盤が弱ければ倒壊する可能性があります。ですから注文住宅を建てるときは、住宅自体の耐震性だけでなく、建てる地盤の調査を行うことが重要です。地震に強い家を建てるなら、まずそこから始めなければなりません。調査の結果、もし地盤が弱いのであれば、しっかりと地盤改良工事を行う必要があるでしょう。

■耐震等級の確認

注文住宅の施工会社に、耐震等級を確認します。一般の住宅の場合、最低でも耐震等級1であることが条件ですが、より地震に強い家を望むならその上の耐震等級2や3の住宅を選ぶと良いでしょう。耐震等級は自分で決めることができますから、等級を高めてもらうよう施工会社に依頼することも可能なのです。ただ、耐震等級が高くなればその分費用も大きくなるので、予算も考慮して検討してみましょう。

■信頼できる業者を選ぶ

今後長く住み続ける家ですから、後悔のないように信頼できる業者に建ててもらうことが大切です。特に、耐震性能を重視するのなら品質管理を徹底していることはもちろん、確かな技術で施行してくれる業者なのか、しっかりと確認しておくようにしましょう。施工体制は大丈夫なのか、施工実績はどうなのかなどよく調べておきます。

 

今回は、注文住宅を建てる際に考えたい耐震性能と、耐震性能と似ているようで性質が異なる免震性能について説明しました。耐震工事は外から見えない部分の施工になりますが、地震の多い日本では大変重要な工事です。これから注文住宅を建てるなら、信頼できる施工業者を選び、相談しながら地震に負けない強い家を建ててください。

宇治市の注文住宅おすすめ業者5選!

イメージ
会社名R+house京都宇治
(ライフ不動産)
KJホームクラフト
(株式会社京都住宅建設)
一条工務店京都建物アトリエクラッセ
特徴オリジナル性の高いマイホームを低コストで実現!ヘーベルパワーボードで性能&サポートも充実!
多方面の受賞歴を持つ大手ハウスメーカー!
地域密着で自社一貫のオーダーメイド住宅を提供!
一級建築士と話しあって取り組む本気の家づくり!
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧